欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2014年09月30日

ドイツで気を付けるべき「食べ合わせ」など

こんにちは。ドイツの医師Sachiです。
今日は患者さんによっては注意しなければならない食べ物などについて。

■Johanniskraut(Hypericum perforatum;セイヨウオトギリソウ)
シトクロームP450酵素のCYP3A4を誘導するため、他の薬の効果を抑える事があります。よく例に挙げられるのは、ピルを飲んでいるのに妊娠してしまうというケース。
Johanniskrautはドイツでは軽い鬱の時に非常によく処方されますし、低用量ならドラッグストアでサプリメントと同じように買う事ができ、常用薬のリストの中に入れない人が結構いるので、注意が必要です。

■グレープフルーツジュース
これは、Johanniskrautと全く逆にシトクロームP450酵素のCYP3A4を阻害するため、他の薬の効果を高める事があります。「よく効けばいい」という単純なものではなく、過ぎたるは及ばざるが如し。薬の効き過ぎは害になります。グレープフルーツジュースを大量にがぶ飲みするのはやめましょう。

■Lakritze (Glycyrrhiza glabra;スペインカンゾウ、リコリス) 
血中カリウム濃度を下げたり、便秘気味にしたりします。これも好きな人は驚く程大量に食べるので、注意が必要です。

■納豆
日本でワルファリン(Warfarin;ヨーロッパではWarfarinではなくPhenprocoumonが主流)を飲んでいる患者さんには「納豆に注意」というのは常識でしょうが、ヨーロッパ人は知らない事が多い。納豆にはビタミンKが多く含まれているうえ、納豆菌が腸内でビタミンKの産生を続けるそうで、Phenprocoumonの効き目を抑えてしまいます。
普通、こういう薬を飲んでいる患者さんは「何を食べてもよいか」をしっかり教えられていて、自分で食べる物を選んでいるものですが、納豆を出す場合は言ってあげると親切です。

■昆布
昆布には、乾燥重量100gあたり100-300mgのヨウ素が含有されており、海産物の摂取による日本人のヨウ素摂取量の平均は1日に1−2mgだとか。
ドイツでヨウ素不足の人に処方するのが1日100μgとかですから、桁違いの分量です。(因みに乾燥重量100gあたりのヨウ素含有量は、ワカメが7-24mg、ひじきが20-60mgで、昆布がダントツです。)
従って、ヨーロッパ内陸部(つまりヨウ素の摂取量が少ない地域)で甲状腺機能に異常のある人に和食を作ってあげる場合、ちょっと注意が必要でしょう。

■テーブルビート
沢山食べると尿が赤くなる事があり、まるで血尿のように見えます。これは無害なので、慌てないよう。


「なあんだ、当たり前の事ばかり!」と思われるかも知れませんが、
これも「ところかわれば」なので、もしかしたら知らない人もいるかも、と、
集めてみました。


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 
posted by JMAE at 06:39| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

宿題は病院実習。

もう肌寒いというのに、まだまだ夏休みが終わらない今日この頃。
こんにちは。ポーランドの医大生、愛之助です。

今日は夏休みの宿題、病院実習についてー
まず実習先と指導医の先生は各自探します。帰国して実習してもOK!
私は血液内科で2週間、ER(救急)で2週間。

毎朝1時間は、ひたすら採血とVenflon(静脈カテーテル)でした。
面倒見の良いベテラン看護師さん達が教えてくれます。
びっくりなのは「1回目見ててね、次は自分でやってね」なところ。
採血2年ぶりだし、1人目の患者さんには特に申し訳ない。
「ポーランド語話せるの。」と聞かれ「あんまり」と言うと「じゃあ痛いって言っても通じないね。笑」と患者さんニコニコ。通じるけど、、有難い

スクラブ1枚買い足し。外来・救急・小児は白衣着ないようにしてます。
photo 2.JPG
入院している患者さんは白衣のほうが好きみたいです。

血液内科の勉強にオススメなのがこちら。
http://teachingcases.hematology.org/
American Society of Hematologyのケーススタディです。
様々な血液疾患の症状に合った問診、検査、検査結果、診断、治療を選択問題を解きながら勉強できます。

救急はというと。
学生のお仕事は、心電図、血圧測定、問診・聴診・触診、採血、などなど。
朝の救急はかなり平和ですが、昼過ぎると中々の荒れよう。
7-8割が腹痛か胸痛。山ほどある原因から絞り込んでいきます。こういうのを英語でDifferential Diagnosisと言います。
検査検査!

先日クラクフという街でClassic Moto Showがあって、ポーランドの古い救急車(Pogotowie Ratunkowe)を見つけました。Polski Fiat 125p Kombi.
photo 4.JPG

今。救急車を呼ぶときは999番。
Picture2.jpg

はい、宿題終わり

愛之助

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 
posted by JMAE at 01:23| ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

サマースクールが素敵すぎる。

こんにちは。ワルシャワの医大生、愛之助です。

今日は私が先日参加してきたサマースクールについてです。

サマースクールというのは日本でいう夏に各大学が行う集中講義のようなものなのですが、自分の大学で受講するわけではないのですよ。
例えば私はポーランドの学生ですが、オランダの大学のサマースクールに参加しました。

大学があるのは、オランダの首都アムステルダムから電車で2時間のところにあるGroningen(フローニンゲン)という街。
水辺がとっても美しい街です。可愛いボートハウスがたくさんあります。↓
blog1.jpg

私が参加したのはSummer School Translational Neurosciences - 'Ageing Brain'という脳科学のサマースクールで、簡単に言うと、脳の健康を維持するためにはどうしたらいいのかを考えるコースです。
blog2.jpg
参加条件は医学部3年生以上で、授業を理解する英語力があること。
提出するのはCVmotivation letter、自分の研究論文のAbstractまたは脳科学に関するLiterature reviewです。

私はアルツハイマー病を骨髄移植で治療できないかなという感じのレビューを書いたのですが、この提出締め切り前日に試験があったので、1日で書くことに。今見直すとかなり雑な仕上がり。コツコツとは一生縁のない愛之助
研究内容はサマースクール中にプレゼンする機会があるので、教授や参加している学生からの疑問・改善点なども聞けて、とても参考になります。

世界中から集まる学生と一緒に勉強するのは、すごく良い刺激になります。そして圧倒されます。びっくりする程に賢い学生がうじゃうじゃ

勉強も遊びもぎゅっと詰め込まれていてくたくたになりましたが、こんな良い疲れ方はありませんね。本当に有意義な時間を過ごすことができました。

blog3.jpg
来年も開催されると思うので、行ってみたいという学生の方はこちら。↓
http://www.rug.nl/research/gradschool-medical-sciences/summerschools/translational-neurosciences/
他のサマースクール(医療)はこちら。↓
http://www.rug.nl/research/gradschool-medical-sciences/summerschools/
医療以外のサマースクールはこちら。↓
http://www.rug.nl/education/summer-winter-schools/summer-schools-2014/sorted-by-theme/

もう旬な話題ではなくなってしまいましたが、この時ワールドカップの時期だったので、オランダが3位決定戦まで進んで大盛り上がりでした!写真は勝った夜ですが、負けた夜は街は大荒れ、、
blog4.jpg
なぜオランダ人はオレンジ色を着るかというと、オランダ王家がOranjeオレンジさんだからなんだそう。

以上、サマースクールが素敵すぎるでした。
せっかく海外へ行くなら、観光するだけでなくサマースクールなど学生の輪に入ってみてはいかがでしょうか。

愛之助

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 
posted by JMAE at 22:11| オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする