欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2015年01月03日

ブルガリア医学部の卒業式

明けましておめでとうございます。ブルガリアの医学部の卒業生のSoulです。皆さん、良いお年を迎えられたことと思います。

今日は少し遅くなりましたが、ブルガリアの医学部の卒業式の様子を報告したいと思います。

卒業式に限らずブルガリアの式典はド派手に行われるのが普通なのですが…

卒業生が学位帽とマントを着用する形式を初めて導入したのが私の大学だそうで、ブルガリア国内でも一番ド派手な卒業式で知られています。以下写真と共に紹介します。

まずは学長、各学部長の入場と挨拶。
IMG_2341 promotsiya fakultet meditsina.jpg

かなり厳粛な雰囲気の中、セレモニーが始まりました。

続いては、『ヒポクラテスの誓い』を卒業生が読み上げます。
IMG_2382 promotsiya fakultet meditsina.jpg
医療倫理の父である、ヒポクラテスの誓いを宣誓することで、すでに医師なったことを自覚して気を引き締められました。

この『ヒポクラテスの誓い』ギリシャ語が起源ですが、私たちが読み上げたものはブルガリア語翻訳されていて今回初めて目にしました。非常に貴重な体験になりました。

その後は、学長から一人ずつ直接卒業生に医師免許が手渡されます。
IMG_2410 promotsiya fakultet meditsina.jpg
ちなみに写真の彼は、全試験をall excellentでパスし、主席で卒業した同僚です。

その彼には

『Златен хипократ』

金のヒポクラテスという賞が与えられました。日本語訳すると微妙な感じですが、ブルガリアでは名誉ある勲章だそうです。

それと、この医師免許の授与なんですが…実は成績順に渡されていきます。

成績優秀者は良いのですが、後に続くにつれ知りたくもない順位を知らされることになります。

各国で色々な賞や慣例があるのではないでしょうか?


最後に、皆さんもTVなどで見たことがあるかもしれません。

全員舞台に揃って学位帽を一斉に上に放り投げるシーン。
IMG_2701 promotsiya fakultet meditsina.jpg

実際に自分ができるとは留学前は思ってもみなかったです。

この学位帽とマントは実は大学からの借り物で、後で返却が義務付けられています。

なので放り投げた帽子が行方不明になり一瞬焦る卒業生も少なくありません。言うまでもなく自分もその一人でした。

何もわからないまま入学してからあっという間の6年間でしたが、ブルガリア人の同僚、先生方に恵まれ、最後に素敵な時間を過ごすことができました。

また彼らと再会することを約束して、医師としてのキャリアを始めたいと思います。

それでは、皆さんにとって良い一年になりますように。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークの発展に一緒に活動できる熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、少しでも興味がありましたら気軽にお問い合わせ下さい!!
 

posted by JMAE at 00:36| ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする