欧州日本人医師会の青年会員は現在22名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2015年05月19日

ドイツで就職活動

皆さん、こんにちは。ドイツの医師Sachiです。
今日はドイツでの新卒の就職活動について。

■求人情報
病院の求人情報は、ドイツ医師会誌(Deutsches Aerzteblatt)の求人欄を見るのが一番です。
http://www.aerzteblatt.de/aerztestellen/angebote

もう一つ、大手サイト。
https://www.kliniken.de/

ドイツでは専門医になるためのプログラムをこなすために病院を移らなくてはならない事もよくあり、そうでなくとも経験を積むために違う規模の病院に移る事もあり、専門医になる前の医師が職場を替わる事はごく普通です。つまり、病院が求人する機会は結構多いです。

■志望書類の提出
志望動機書、履歴書(写真、署名付き)、各証明書のコピーを「Bewerbungsmappe」と呼ばれるファイルで一冊にまとめ、郵送します。
写真は普通の証明写真ではなく、写真屋さんで「就職活動用」と言って撮って貰います。
コピーは普通のでいいのですが、印刷や紙の質には気を付けます。
また、バラバラのままで送らず、必ずファイルに綴じます。
これらの費用は税金控除の対象になり、一部(3割くらい?)は返ってきますから、切手代も含め領収書は全て取って置くこと。但し、控除できるのは税金を納めた年にかかった費用についてですから、「年末に就職活動をして、年明けから働き始める」というのだと、税金控除に入れられません。

メールにて応募する場合は、添付画像をPDFやZIPなどで一まとめにし、受け取り側のダウンロードの手間が掛からないように配慮します。

■面接
面接に招待されたら、面接に行く旅費は、「当方では負担しません」と明記されていない限り、全額招待側の負担となります。面接後に電車の切符などを郵送して請求します。

面接で質問される内容を想像し、
頭の中で答えを考えておくだけでなく、
必ず口頭で答える練習をしておきます。
できればそれを動画撮影して、自分で見ておくと、反省点がよく判ります。
また、本命のところに面接に行く前に、幾つか面接を受けておく事をお薦めします。

■その他
就職活動についてはDUDENからマニュアル本が出ています。
志望動機書の書き方から、面接費用の請求方法まで載っており、非常に役に立ちます。
「Duden Ratgeber - Professionelles Bewerben: Von der Stellensuche bis zum erfolgreichen Vorstellungsgespräch」
(勿論この本の代金も、税金控除の対象にできます。)

給料については、「Marburger Bund」という医師の労働組合のようなものがあり、
そこが「Tarif」と呼ばれる基準を出していますので、それを参考にします。
https://www.marburger-bund.de/

基本的には、最初の3−6箇月間は試用期間(Probezeit)、次に1−2年の期限付き契約(Befristeter Vertrag)、その後無期限契約(Unbefristeter Vertrag)となるのが一般的です。妊娠・出産を考えている方は、無期限契約になってからが断然保証がしっかりしています。

■就職後の計画も考えておくこと
卒業してから専門医を取得するまでに、こなさなければならないプログラムがあります。
州の医師会のホームページから「Logbuch」というものを自分でダウンロードし、自分がこなさなければならないものをチェックし、働き始めてからそれぞれの件数を自分でカウントしていき、1年に1度医局長(Chefarzt)にそれを報告し、Logbuchに書き込んで署名してもらいます。あと、職場や医局長が替わる時には、「Zeugnis」という勤務についての評価書を書いてもらいます。
これらは基本的に自分でオーガナイズしなければならず、これがないと専門医にはなれませんので、決して忘れないように。

もう一つ大事なのが、病院の「Weiterbildungsermaechtigung」と呼ばれるもので、病院の規模や設備により、何年分までプログラムにカウントされるかの認可があります。
例えば病院の内科で6年の勤務が必要なのに、その病院が3年分しか認可を得ていなければ、3年後には職場を替わらなければなりません(勿論そのまま勤務してもいいのですが、それでは専門医が取得できません)。
職場を替わるとまた試用期間からやり直しですから、その辺も考慮に入れて、最初に就職する病院を決めた方がいいでしょう。

これらのプログラムは州によって異なる事もあり、専門医になる前に州境を越えて職場替えすると、今迄にこなした分が認められない場合もあります。専門医になる迄は極力一つの州に留まる事をお薦めします。

■外国で医師になってからドイツで就職したい場合
外国の医師がドイツに来る場合、ドイツ語力はまだB2でもよい州もありますが、近い将来には全ドイツでC1が必要になる事が予想されます。
ドイツでは、全ての臨床実習を在学中に済ませ、医師免許を手にしたらすぐに一人前の医師として働きます。就職した初日から普通に担当病棟を割り当てられる事も珍しくありません。つまり、初日から戦力になる人しか採用してもらえないと思っていた方がいいでしょう。
それだと心配な場合は、「Hospitation」と言って見習い期間を設ける事も可能です。これは無給で、食事と寮はただで提供されるというのが従来のやり方でした。無給ですが多少は戦力になるため、病院側は喜んでやらせてくれますし、書類が整う迄の期間をそれで過ごす例もままありました。ところが最近ドイツで最低賃金法が成立し、任意の実習も全て最低時給の保証が義務付けられ、厳しい罰則もできたため、今後は難しくなるかも知れません。
(↓詳しく知りたければ、こちらの212ページ参照)
http://www.aerztekammer-bw.de/aerzteblatt/aebw-archiv/2015/Aerzteblatt_Baden-Wuerttemberg_04-2015.pdf

また最近、外国人医師のための、ドイツ語、医学用語、社会福祉制度、内科、外科、薬学、読図・放射線防護、救急、衛生、法律、問診と記録、などを学ぶ準備コースができてきました。
語学だけでなく、国が違えば法律や保険制度も違いますから、「ドイツのやり方」を教えてもらえるようです。

こちら必読!!!
Marburger Bundの「FAQ – Frequently asked questions by foreign physicians」
必要書類の問い合わせ先や準備コースなどのリンクもありますから、隅々まで熟読したら大体の事はわかります。
ドイツ語:https://www.marburger-bund.de/projekte/auslaendische-aerzte-foreign-physicians/deutsch
英語:https://www.marburger-bund.de/projekte/auslaendische-aerzte-foreign-physicians/english

「外国の医大卒→ドイツで就職」については、今度、Soulさんが書いてくれます。お楽しみに!

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています!お問い合わせは事務局まで。
posted by JMAE at 05:37| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ドイツ:ニュルンベルクより

ブルガリア医学部卒業生Soulです。ドイツに引っ越してきて3ヶ月、今はドイツのニュルンベルクという街に住んでいます。

ドイツに来てからは医学用語の習得、ドイツ語検定試験、面接と毎日気が抜けない日々が続いていました。その甲斐あって就職活動も無事に終わりほっとしています。

忙しさのあまりつい先日まで市内観光に出ることがほとんどできませんでしたが、念願の市内観光にようやくでることが出来ました♪ニュルンベルクと言うと、クリスマスマーケットが有名ですが、実は年間を通じて様々なイベントが催されています。

今日は先週催されたBlaue Nacht(Blue Night)と言うイベントについて軽く紹介します。その名の通り、街全体が青でライトアップされいつものアンティーク調の旧市街がその日だけは幻想的な光に包まれます。

Nurnberg Stadt.jpg
いつもの旧市街が

Nurnberg Blaue Nacht Keisersburg.jpg
こんな感じに!!

驚いたのが市内にある博物館や観光名所全てがその夜だけは、夜中までやっているということ。この機会に回れるだけ回ってニュルンベルクの街を堪能できました♪

ようやく住み慣れてきたニュルンベルクも今月で最後、来月からは念願のリハビリ病院での勤務が始まります。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークの発展に一緒に活動できる熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、少しでも興味がありましたら気軽にお問い合わせ下さい!!
 


posted by JMAE at 07:02| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする