欧州日本人医師会の青年会員は現在22名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2016年02月21日

医学ドイツ語A

前回好評(?)を頂きました医学ドイツ語の続編です。

呼び名: くらんけ
書き方: クランケ
語源 : krank

クランケ、という言葉は医学生のバイブルたるブラックジャックにもよく出てきますので、聞き覚えがあるのではないでしょうか。
日本語で使われる場合の意味は患者です。
ドイツ語の“病気の”を意味するkrankが語源となっております。
ドイツ語は形容詞に定冠詞をつけて名詞化できますので、Der Kranke(男性の病人)Die Kranke(女性の病人)と書くこともできますが、実際には患者を表す単語としては"Patient"(パツィエント)が使われております。


呼び名: あなむね
書き方: アナムネ
語源 : Anamnese

問診のことです。
「アナムネ取ってきてね」はドイツ語で"Machst Du bitte die Anemnese?"
ドイツ語でもAnamnese(アナムネーゼ)はずばり病歴あるいは病歴聴取のことです。ただし、現病歴ではなく、文脈によっては既往歴を指す場合もあります。
区別するため、現病歴を Aktuelle あるいは Jetztige Anamnese(今のアナムネーゼ)という場合もあります。
日本では「問診」でなく「医療面接」と呼ぶように大学の授業では教えられましたっけ。
患者さんと医者が相互的である印象を受けるようにとのことですが、「イリョウメンセツ」なんて長い言葉は使うのをやめて、いっそのこと「アナムネ」を主流にしては?!


呼び名: むんてら
書き方: ムンテラ
語源 : Mundtherapie?

「俺、今からムンテラ行ってくるわ〜」と同僚が言った時には、患者さんあるいはご家族への病状説明、検査や処置などの同意を得るための説明などをしに行くということです。
しかし!私はこのスラングだけは声を大にして止めてほしい!!といつも思っています。
語源はおそらくMundtherapie(ムンド・テラピー)と思われますが、このような単語はドイツ語には存在しません。
心理的治療効果を含めた病状説明というニュアンスを込めたかったのかもしれませんが、直訳すれば「口の治療」「口による治療」・・・英語に訳せばオーラルセラピー???・・・なにやらいかがわしい響きを聞き取ってしまうのは私だけでしょうか。
ドイツ語では病歴説明をすることはAuskunft geben、説明することは一般的にerklären、同意書はReversと呼ばれます。
日本語では最近はIC=インフォームド・コンセントという言葉がニュートラルなニュアンスで使われております。
こちらは大変長ったらしい言葉ですが、ムンテラを死語へと追い込んでくれるよう応援しております。


呼び名: かるて
書き方: カルテ
語源 : Karte

え?!こんなものまでドイツ語?!と思われるかもしれません。カルテはもはや日本語ですね。
患者さんの経過、治療内容などを全て記した記録のことです。現在はほとんどの病院で電子化されて、電子カルテと呼ばれています。
ちなみにウィーンの公立病院ではまだ紙カルテなのですが。
Karteはカードという意味です。患者さんの記録は少なくともウィーンではKarteと呼ばれません。
Krankengeschichte(クランケン ゲシヒテ)=患者の歴史、あるいは紙カルテであれば単純にMappe(マッペ)=ファイルと呼ばれます。
もしかしたらドイツではKarteと呼ばれたりするのでしょうか?オーストリアの方言、ウイーンの方言もあるので、もしかしたらKarteと呼ばないのはオーストリアだけのことかもしれません。


今回は4単語だけですが、内容が濃いのでこの辺りで打ち切り、また次回をお楽しみに!

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 05:22| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

恵方巻きからのポンチュキ

こんにちは。
昨日はポーランドで南南東を向いて黙々と恵方巻きを食べた愛之助です。
お寿司屋さんでFutomakiカットしないでくださいって注文すると恵方巻きが出てきます。

本日ポーランドはTłusty Czwartek “脂の木曜日”です。
ポンチュキというドーナツを職場でも家でもお腹いっぱい食べます。
そしてこのポンチュキを買うためにお店には長い行列が。
photo.JPG
A.Blikleは1869年からあるお菓子屋さんで、ケーキもとっても美味しいです。
ポンチュキにはお店によって様々な味がありますが、定番は薔薇のジャムが入ったもの。
想像しずらいかもしれませんが、しっかりバラの味と香りがします。
1年中売られているので、ポーランドに来たら食べてみてください。

では、今日はこの辺で
愛之助

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!

posted by JMAE at 05:02| ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする