欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2016年04月30日

医学生の皆さんへ

皆様、こんにちは。
ドイツの医師、Sachiです。

お陰様でブダペストの説明会は好評でした!
この出会いから、皆様の未来に発展がある事をお祈りします。

説明会の後で色々と思い起こして、
ひとつ言い忘れた「Take Home Massage」に気付きました。

医師免許というものは勿論「資格」なのですが、
医者になるという事は、資格さえ取ればいいという事ではありません。
試験対策だけしていたのでは、よい医者にはなれません。

私の在学時代に、一人の教授が言いました。
「無能な医者は、人殺しである。
君の見過ごしが、人の命を奪う事になるんだ。」

他人の命を預かるとは、そういう事なのです。

例えばドイツでは、卒業して就職したら、
初日から病棟を任されて、曲がりなりにも一人で医師として働く事が要求されます。
1か月もしたら、一人で当直もやらされます。
だから、その前に、
出来る限りの知識と経験を蓄積しておく事が大切なのです。

そして、そのためには語学もとっても大事です。
語学なしには正確な問診は不可能ですし、
語学なんて、やれば誰でもできるものなのですから。

学生のうちなら、誰にでも教えてもらえるし、助けてもらえる。
そんな有難い時代なのですから、
必要最低限の勉強や実習ではなく、
何でも精一杯、貪欲に、余分にでもやっておく。

それをしておいたら、
卒業後どんな国に行っても、きっとその蓄積に助けられます

私も在学中はずっと介護のバイトをしたり、
呼吸器科医のところに通い詰めて、聴診やレントゲンの読図を学ばせてもらったりしました。
在学中はとにかく無我夢中で、
寝食以外は全て医学という感じでしたが、
「あの時頑張っておいてよかったなあ」と思う事が、よくあります。
当時は「意味あるのか?」などと思った丸暗記にも、今頃助けられたり。

医師免許の互換性、就職後の心配などをしている方が多いようですが、
それよりも何よりも、今は実力をつけておくこと。

知識も経験も、医者の宝です。
頑張って磨いて下さいね。 

P1110165 - コピー.JPG
ブダペスト観光もしました!
集合写真を撮って貰おうと思ったら、一緒に写りたい人が我も我もと押し寄せて、こんな事に・・・
左手前の彼女が自撮棒でセルフィー中 


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 


  欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍していてヨーロッパで就職したい学生(臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 05:46| 欧州日本人医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ブダペスト説明会にお申し込み頂いた皆様へ

先日お知らせしました、JMAE青年部説明会にお申し込み頂いた皆様、
御案内メールは届いたでしょうか。
もし「申し込みをしたのに案内がこないよー」という方がおられましたら、御連絡下さい!




↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 06:42| 欧州日本人医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする