欧州日本人医師会の青年会員は現在20名。チェコ、ドイツ、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア等の医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2016年06月24日

ボロボロの1日

こんにちは。職業を学生から医師に、所在地をポーランドからドイツに移行中の愛之助です

たまには今日あったことをタイムリーにお届けしようと思います

photo.JPG
ハンブルグで有名なAlsterの噴水

今、語学学校に通うためにドイツのハンブルグに来ています。
かれこれ1年半くらいドイツ語を勉強してきて、今日はその試験がありました。
語学の試験を受けるのはいつぶりかな。
たぶん高校のときアメリカでTOEFLのiBT受けて以来。
あ、あと医学部3年の時にポーランド語の試験がありました。
TOEFLの時も長時間の試験に途中で電池切れって感じでしたが、
今日のは授業の後に試験だったのでとにかく眠かったです

photo (4).JPG
写真は隣町のLübeckで撮影

試験が終わってぐったりしつつ、ご褒美にアイスを買って食べながら歩いていると
人が道で倒れていて
とりあえずその場に鞄と食べかけのアイスを置いて、下手なドイツ語で話しかけ、、
救急車を待っていたら看護師の兄ちゃんが駆け寄ってきて、本当に頼りになりました!!

今の私って全然役に立たないなってちょっと落ち込みましたが経験あるのみです。
ドイツ語が下手すぎて涙出そうでしたが、さらに頑張っていきます。
それとこれからは両手が空くようにリュックにしようかなって思いました。

photo (2).JPG
めずらしく胃もたれせずに食べれたフィッシュバーガー

今日は久しぶりに疲れました。

では、また次回

愛之助

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!


posted by JMAE at 05:14| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

リットマン カーディオロジー4を買いました!

こんにちは ドイツの医師Sachiです。

P1110445.JPG

私事ですが、聴診器を新調しました
Littmann Classic II(写真左)から、新製品の Cardiology IV(写真右)です。
こうして並べてみると、ヘッドの分厚さや管の太さが全然違って、
愛用してきたClassic IIがちゃちく見えて、ちょっとショック 

Classic IIを買ったのは、医学部3年生の時。
学生の多くはこれを買っていた定番で、
私が実習した先でも使っている先生が結構いました。

特に不満はなく、もう十何年使ってきたのですが、
病院勤務から開業医院勤務に移ってから、
聴診器の重要さをしみじみ感じるようになってきました。

内科系の病院なら、入院患者さんほぼ全員が胸部レントゲンとか心エコーとか受けますが、
開業医院では、問診と診察だけが頼りで、
誰をレントゲンや心エコーに送るか判断しなければなりません。

ただの風邪かと思いきや、問診と聴診でちょっとひっかかり、
レントゲンに送ったら肺癌がみつかったり、
下痢での来診だったのが、腸蠕動音を聴診しようと思ったら血管雑音が聞こえ、
血管造影に送ったら腹腔動脈の重度狭窄がみつかったり。
そういう事が度重なり、「もっと高性能な聴診器を持たないと、見過ごしがあるのでは?」
という危機感を覚えるようになりました。

そこに丁度、新製品のお知らせ。
Cardiology IIIより更によくなっているというレビューもあったので、決心しました。
7年保証だし♪

Classic IIと較べたらいけないけれど、使い心地は素晴らしいです。
欠点は、ちょっと重いので首にずっと掛けていると肩が凝るのと、
管が太くて捩れないので、角度によってはヘッドをしっかり持たないと跳ね返ってくるのと。

でも、聴診しての「これはどうかな・・・」という迷いが激減して、
買ってよかった!と大満足です。 

1000円くらいでネーム刻印してもらいました。名入れも本当にお薦め。
救急時などにバタバタして置き忘れる事はありますから。
(「ない!ない!」と青くなって探し回っている同僚の姿も何度か見た事があります。
他人事じゃないですよね!)


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

  欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍していてヨーロッパで就職したい学生(臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 06:19| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

ルーマニア医学留学 よくある質問

saura02.jpg

どうも、ルーマニアから、うどんです。
もうすでに名前をトンカツかプリンもしくは餃子に変えようか迷っています。

続きまして今回は、良く受ける質問について書いてみます。

 入学の準備
入学試験を受けるまでと転校する場合の手続きは、前の大学の書類提出以外ほぼ同じです。
・高校の成績証明書のルーマニア語翻訳アポスティーユ付き
(※西麻布のルーマニア大使館で日本語ルーマニア語翻訳の国家試験を持った通訳さんを紹介してもらい頼み、公証人にいろいろやってもらって外務省でアポスティーユの判子押してもらったような記憶)
・健康診断書や卒業証明書の英語版
・出生証明をできる書類?確か戸籍謄本の英訳

を私は提出しました。これらが私が大学に入る準備で大変だったことです。
一番大変だったのは、なぜかセンター試験の結果を出せと言われたのですが(バカロレアと勘違いしてる気がする)、持ってなく、高校の事務に過去にセンター試験受けたことがあるし大学の受験資格もあると書いてもらってなんとかなりました。

他にもいろいろ書類やらなんかあった気がしますが、パスポートのコピーだったり、CVだったり、そんなに大変じゃなかった記憶です。

つまり準備の時間があれば、これらは気合いで何とかなる範囲だと僕は思ってます。

それよりも大事なのは・・・
ネットが普及してたくさんの情報を、今皆さんが見ているように得ることができますが、
大学を見学せずに受験をする人も多くいます。
でも、海外での生活のことや、大学の雰囲気などは実際に見ないとわかりません
実際に旅行して、日本にあるオープンキャンパスみたいに大学を自分のその目で見て、事務の人や学生に話聞いてみて、その大学が好きになって受験するのが、一番良いのではないでしょうか。
私はまったくもって優等生ではなく、無論くじけそうになることもありますが、その時に、
自分で選んだ勉強の環境だったり、聞いていた大学の情報、プランなどがプラスの方向に効いてきます。

 勉強
勉強ですが、英語コースなので英語です。どのくらいの英語力が必要かというのは、私生活、医学、科学を英語で話せるくらいです。
それ以外言いようがありません。英語のとらえ方は個人差があると思います。英検やTOEICで高い点数取っても喋るのが苦手な人もいれば、そんなに高くないのに喋るのはうまい人もいるので、僕には一概に大丈夫とかダメとか言えません。
自信があって覚悟があれば僕ならチャレンジします。
あと患者さんとの問診は英語ではありませんが、そっちは授業に出て単語を覚えれば、必要な情報を聞き出せるくらいにはなります。
テストの難易度ですが課目によっては鬼のように難しいのもあります。聞いたところによると留年率は日本より間違いなく高いです。
その辺のリスクは覚悟すべきです。でも、「絶対に無理だ」ということはないと僕自身は思ってます。

 日本医師国家試験受験資格について
ルーマニアの大学を卒業した日本人の方々に今まで何度かお話しさせていただく機会があり、
今までのところは話したことある方の知り合いまで含め、みなさん受験できているという事実はあります。
しかし、だからと言って、厚生労働省のホームページを見た上で、卒業したら日本で国家試験を予備試験無しで受けられる保証を誰ができましょうか。
可能性は天気予報でもなんかの予想でも30%とか90%とか言いますが、過去になってしまったらその出来事は100%か0%なわけで、
100人いて90人受けられたとしても、ひとりひとりにとっては1か0です
何が言いたいのかというと、
「今までの人が受けられているからと言って、あなたも大丈夫」なんて無責任なことは言えないということです。
EUの資格を持っていれば受けられるというのではなく、審査があるわけなので、ある意味ギャンブルです。今から入学する人の6年後のことなんて、なおさらです。

結局のところ、制度も情勢も刻一刻変化していくので、
どんなに事前調査や準備をしたところで、100%の保証なんてあり得ない、
そんな中で、自分で選んで決めた道だからこそ、可能性を信じて突き進んでいける訳ですね。

すんごく長い文章になってしまいましたが、読んでいただいた人ありがとうございます。
もっと冗談入れたかったんですけど。

※ちなみに僕の大学の話はルーマニアのトゥルグムレシュの話であってルーマニア全部について話しているのではありません。大学に入るための書類や、学生の出身国の占有率、留年率なども、国ではなく大学によって様々らしいです。
留学を考えている方は、必ずご自分で大学に直接問い合わせて下さいね!

ではでは!


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 


  欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍していてヨーロッパで就職したい学生(臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 06:03| ルーマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする