欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2018年01月21日

スロバキア・コメニウス大学の進級試験

こんにちは!
東欧の国、スロバキアの医学部3年のユキです

前回は休暇で訪れた、Demänovskaの洞窟についてお話させていただきました。
今回の投稿では、スロバキアのコメニウス大学での医学部内の進級試験についてお話させていただこうと思います。

まず、私の在学しているコメニウス大学は2学期制で
冬学期(前期)と夏学期に(後期)に分かれています。

毎年、微妙なズレはあるものの
冬学期は9月の第2週〜12月の第3週までの13週間、夏学期は2月の第2週〜5月の第4週でイースター休みが1週間半ほどあるのでそれを除くと大体13週ほど授業期間があります。

日本と比べると、大学での授業は少ない印象ですね。

冬学期と夏学期の間は、冬は1月第1週から夏学期が始まるまでは進級試験の期間になっており、
夏は5月の第4週から7月の第1週までが進級試験の期間です。

進級試験は大体の科目が、

1) 筆記試験 
2) 実習試験
3) 口頭試問

の3つのパートに分かれています。

1)を合格したら、2)、3)とステージアップして試験が進むスタイルなのですが、
毎回この合否を待つ時間が苦痛です。笑

どの試験も事前にテストの問題が公開されているものが殆どで、筆記試験は毎回大体500問からおおくて700問ほどの中から出題され、実技は80題ほどです。

学期末の試験で、口頭試問があるのは日本の医学部と異なる事かと思いますが、
欧米の国々の試験では一般的な試験方法です。

口頭試問は、さらに3つほどのパートに分かれています。
どのパートも大体50〜80問ほどの質問があり、その中から試験では問題をくじ引きで決めるんです。

そう、 くじ引き。

自分の得意な問題にあたる事もあれば、ノートすら作らなかった問題にあたってしまう事も。。
(全部、勉強すれば問題ないのですがね。。

また、口頭試問を受ける教授によっては仲良しの教授にあたる事もあれば
厳しい教授にあたる事もあり、教授によって評価も大きく異なります。


日本と違い入学が比較的簡単なスロバキアの大学の医学部は、
進級でバンバン落とされてしまい、入学当時は230人ほどいた生徒は、3年生の時点で120人ほどになっています。。


これからも、気を緩める事なく、
大学の学友たちと切磋琢磨していかなくてはと思います

お読みいただきありがとうございました。

次回は、大学のカリキュラムについてお話させていただこうと思います。


Yuki




↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 06:50| スロバキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする