欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2018年09月19日

スロバキア・コメニウス大学医学部のカリキュラムの流れ

こんにちは!
東欧の国、スロバキアの医学部4年のユキです

前回の投稿からかなり時間が空いてしまいました。。。。
そして、前回までの自己紹介では医学部3年となっていましたが、無事4年生に進級できました✨✨

さて、カリキュラムの話をしたいと思います。

スロバキア・コメニウス大学では、日本と比べると手で触れ・実際に見ることのできる授業が主流となっています。
授業はどの学年でも、1人の教授に対して全学年の生徒に対して行われる講義と、1人のアシスタント教員に対して10−15人程度の小グループに分かれた生徒に対して行われるプラクティカル・レッスンの2つに分かれて行われています。

1−2年生は、座学を中心に医学の基礎学を学びます。
座学が中心ではありますが、1週間ずっと解剖だけをする授業が1年に1回づつあったり、解剖学のセミナーでは実際にご遺体に触れて授業を行います。
また、2年生の生理学では学生同士で採血の練習をしたりと、日本医学部教育のカリキュラムに比べると実践的な授業内容となっています。

3年生からは、内科と外科実習が始まり
毎週1−2回病院で実際の患者さんと問診や診察の練習をします。
また、病理学では隔週で実際に、亡くなったばかりのご遺体を病理解剖します。
そのため、様々な形で患者さんと触れ合う機会が増えます。

4年生以降からは、座学での授業はほとんどなく、
授業のほとんどを病院で行うこととなります。また、内科・外科実習の他に、専門分野に分かれた授業も行うため
より医師への道を歩んでいるのが実感できる時期でもあります。


入学時は230人であった学生が4年生の時点では100人を切ってしまうほど、
なかなか険しい道ではありますが、学友たちと共に切磋琢磨していけたらと思います!



お読みいただきありがとうございました。

次回は、大学のカリキュラムについてお話させていただこうと思います。


Yuki




↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 06:18| スロバキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

スイスのベルンちょこっと観光

こんにちは。スロバキアの医学生5年生のShotaです。
国際学会でポスター発表をするためにスイスのベルンに行ってきました!
スイスと言えば"アルプスの少女ハイジ"くらいしか思い浮かばないくらい何も知らなかったですが、下調べもせずにちょこっと観光してきました!
ベルンはスイスの首都で、チューリッヒ、ジェネーブ、バーゼルに次ぐ4番目の規模の都市です。
ベルンの旧市街はユネスコの世界遺産に登録されています。

image5.jpeg

街がアーレ川に囲まれていて、とても綺麗でした。

ちなみにベルンはドイツ語の熊(複数形) Bärenが由来みたいです。街中で熊の像やマークをたくさん見かけました。

image4.jpeg

買い物などをするときに感じたのは物価が高いということでした😢
各国のビックマックの価格を数値化したビックマック指数というものがあるのですが、スイスはダントツでトップです。日本の約2倍です。さすが物価世界一の国なだけはありますね。

image3.jpeg

工事中のベルン大聖堂です。
尖塔に登ることができて、ベルンの街を見渡すことができます。絶景です。晴れの日にはアルプスも見れられるみたいです。

image1.jpeg

街中で見つけた、熊さんの旗を持ったおそらく有名そうな人の像です。

ベルンは絶妙なバランスで自然と街が融合していて、日頃の疲れも癒せるような、とても良いところでした。



最後に国際学会の様子も載せておきます。

image1.png

大勢の先生・教授たちの前での発表は緊張しました。

image2.jpeg

ポスター発表の様子です。

来週から新学期が始まりまるので頑張っていきたいと思います💪


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!


posted by JMAE at 04:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ハンガリー人の夏休み

初めまして。ハンガリーブダペストのねこです。


8月も終わり、9月になりました。まだまだ暑いですね。

先日、病院実習の合間の週末を利用して、リフレッシュのために同級生と日帰り旅行に行ってきました。


ハンガリーは欧州中央、海のない内陸に位置するため、海へ出るためには、クロアチアまでいかないとなりません。そのため、国内の気軽な夏のリゾートとして湖やスパなどが地元の方の定番です。


ガイドブックなどにもよく掲載されているバラトン湖がハンガリーきってのリゾート地ですが、今日は少しマイナーな場所をご紹介します。ブダペストから南西へ電車で40分のところに位置するGardonyというところです。湖の周りには、サマーハウスが建ち並ぶ閑静な別荘地といったところでしょうか? 


湖は一周30kmほどで、真ん中をフェーリーが通っているので、車がなくてもサイクリングを気軽に楽しめるのが、魅力的です。自転車を電車で持っていくことも可能ですし、レンタルサイクルもたくさんあるので、便利。


1.jpg


2.jpg

サイクリングロード


遊泳可能なビーチ、ウォーターパーク、ウォータースライダー、カヌー、ヨット、スパ(プールと温泉)など充実していて、お子様連れのご家族から若いカップル、年配の方まで幅広い層の方々が楽しんでいる姿をたくさんお見かけしました。


3.jpg

フェリーからの景色


7.jpg

カヌーを楽しむ地元の方々


そして、内陸ハンガリーでは珍しくフレッシュなお魚料理がいただけるのも魅力です。


4.jpg

Zander (スズキの一種)ソテー、ブドウソースがけ。


5.jpg

Catfish fillet、 外パリパリ、中ふっくらで、予想以上の美味。


6.jpg

パプリカベースのFish Soup. お魚のよくだしが効いていて、日本でいう漁師の味噌汁みたいな感じでしょうか。また、食べたいと後を引く美味しさでした。


地元の方ばかりで、アジア人、観光客はほとんどいないく、物珍しい顔で見られましたが、みなさんとってもフレンドリーで、いろんな方とお話できたのもよかったです。


そして何よりハンガリー国内旅行はお財布に優しい!

電車賃片道:

学生割引490フォリント(約200円)、大人980フォリント(約400円)

レンタルサイクル:

一時間400フォリント(約160円)、1日1800フォリント(約700円)

外国人向けの観光地を避ければ、余暇を安く楽しめるのも、東欧留学の魅力の一つかもしれません。


朝9時に家を出発して、18時に帰宅、ハンガリー人の夏休みを体験できた充実した1日となりました。




↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 



 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。

・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)

・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)

の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!

posted by JMAE at 00:00| ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする