欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2019年07月13日

医師は不養生

今日は、ご無沙汰しております。ドイツで麻酔科医と救急救命医をしておりますKです。
私は3週ほど前から、診断名の確定しない体調不良で、仕事を休んでおります。
医師として働く様になって6年が過ぎた頃、麻酔科医の仲間とホットワインを飲んでいた際、意識を失って倒れ、それ以来は小規模の病院に移って、療養をしながら麻酔をしております。
それでもここ1ヶ月の間にまた2度自律神経のバランスが崩れて倒れたので、再度お休みをいただいてます。
明日からはペインクリニックで新しい専門医を獲得すべく働き始めますが、仕事に復帰し、新しい分野での業務がストレスになるまいかと心配しております。

現在、ベルリンの大学病院に5年勤めていた学友が遊びに参っておりますが、彼も所謂 燃え尽き症候群(バーンアウト) と精神科に診断され、人生設計を見直す為、ここ半年仕事を休んでます。
研修医初期に知り合った友人の一人は、効率化ばかりを追求する病院で、使命感が高すぎるあまりアンフェタミンに手を出す様になり、プロポフォールで作用を抑えようとしたところ、摂取量を誤り、死亡しました。

循環器内科の医師がおっしゃるには、私の体は現在、成人男性の16%の運動量にしか耐えられないんだそうです。自分では運動神経の発達している方だと思い続け、トレーニングを怠っていたつけだと認識しております。
ここまで来ると、通院すら体に負担がかかり、とても院内当直ができるとは思えません。
帯状疱疹の後に神経痛を抱えるようになり、運動量がだいぶ減ったのが原因かもしれません。
とはいえ、30代の成人男性が帯状疱疹になること自体、普通ではないと考えざるを得ません。

世の中は今、ワークライフバランスの見直しを大きな目標とし、嘗ては所謂ブラック企業に当たった業種も、少しずつ改善の兆しが見えてきたものとメディアで見聞きするようになりました。果たしてそれは医師という職業にも当てはまるでしょうか?私は3年ほど前まで36時間の当直を繰り返し、週の労働が100時間を超えることは当たり前。残業のブラック口座が医局に存在して、医局内で問題を解決すべく、暗黙の了解で隠蔽していたのを覚えてます。

私の知る限りではドイツでも病院の私立化が進み、大学病院も薬品会社の傘下となる事態が訪れ、人件費の削減と、医療の効率化を目標に活動する機関が増えてます。昔の医師は3夜寝ずに仕事を続けたから、貴方はまだまだであるという議論は、見当違いと私は認識してます。麻酔科の先輩医師も、以前の労働時間は確かにより長期であったが、業務時の重圧はずっと少なかったとおっしゃる方が大半です。また、女性医師の社会進出は喜ぶべき動きではありますが、これは一般的に一人の医師あたりの生涯労働時間が減ってしまうという事実と一致します。男性の育児休暇所得の一般化がこの事実に拍車を掛けます。このまま進むと医療システムはいずれ崩壊すると私は思います。

どの範疇の医師と話しても、国民皆保険は既に危機的状況にあると口を揃えて言います。実際に医療保険の差別化は明らかに進んでおります。健康を絶対的権利と認識できたここ数十年のドイツの医療の色が少しずつ変わりつつあると思うと、大変残念なことです。医療は商品ではありません。また、医療者はロボットではありません。
この記事を読んで、将来の専門医が自身の養生も気にかけた働き方をできるようになることを願います。


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!

posted by JMAE at 00:26| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする