欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2015年04月29日

マルタ島の循環器内科より

マルタ島で循環器内科にいるKenです。今日は初めてということもあってマルタ島での循環器内科について紹介したいと思います。

まずマルタについてですが、人口約40万人の小さな島です。かといって僻地かというとそうでもなくて、WHOの医療ランキングでは上位に入る程医療的にはシステムの整った国でもあります。近年ではmedical tourismにも力を入れ始めており、観光地というのと並行して国の違う一面を見せ始めております。
僕が何故マルタに住み始めたかとか何故循環器なのというのは今は置いておくとして今回は循環器内科がどうなっているのか出来る範囲で紹介したいと思います。 皆さんが想像される循環器医というのは例えばドラマの医龍などで紹介されている循環器外科のことだと思います。 でも実際は外科にかかるよりも多くの患者さんに僕たち内科医は係わっています。 もし患者さんが胸の痛み、動悸などを訴えた場合、初めにみるのが救急医を除いて循環器内科になります。 そこで僕たちはどの患者さんが心臓に問題があるかを判別して様々な検査をしていくことになります。そして最終的に外科的治療が必要と判断した場合、初めて外科にみていただくという流れになります。もちろんこれはマルタの場合で他の国では違ってくるかもしれません。

ここで僕の仕事について紹介します。
循環器内科といっても、様々な分野に別れていて最近ではそれぞれの専門に別れていく風潮にあります。カテーテルに特化した先生、心臓の電気的リズムの問題に特化した先生、循環器疾患の予防に特化した先生など一般に循環器内科といっても様々です。 僕はと言いますと、まだ専門医ではありませんので確かではありませんが、一般に検査中心のnon-invasiveと言われる分野を中心にやっています。 この分野の進歩はテクノロジーの進化によって最近物凄く、毎年の学会の度に新しい物がでてきます。その分、やり甲斐はあります。この分野が何故大事かというと、僕たちがやる検査によって大体治療方針が決まるからです。勿論例外はあります。 そういうことにやり甲斐を感じています。
僕の日常は病棟にいる患者さんを診ることから始まります。外来の患者さんを診て、その後心エコーなり心臓血管CT、更には心臓MRIなど検査項目は多岐にわたります。大変ですが、患者さんと直に関わることが多いです。
欧州でご活躍の医学生の皆さん、もし興味があれば是非マルタを訪れてくださいね。

P1100208.JPG
↑mater dei hospital


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています!お問い合わせは事務局まで。
posted by JMAE at 05:36| マルタ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする