欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2015年06月02日

ドイツでの就職活動:滞在許可について

皆さん。こんにちは。ブルガリア医学部卒業生のSoulです。

ドイツでの就職も無事に決まってようやく医師としてのキャリアを始めることができ、不安と期待が入り混じっています。

現在、東欧を中心に留学中の医学生の中にはドイツでの就職を考えたことがある人がおられると思います。
前回のSachi先生に続き、ドイツでの就職活動についてこれから少しずつ紹介していきたいと思います。今日は就職活動の第一歩として、ドイツでの滞在許可について少し触れたいと思います。

前回Sachi先生が紹介して下さったように、ドイツでは決まった時期に応募するのではありません。医師就職サイトを見て、研修医を募集している病院に自分で応募する方法をとります。(詳しくは前回のSachi先生の記事を参照下さい)

原則としてEU圏外出身の日本人は長期滞在ビザなしで滞在できるのは90日間です。その90日間の間に病院に応募し、面接を受け、全ての書類手続きを終えるのはよっぽどの事がない限り不可能だと思います。そこで長期滞在ビザの取得が就職活動の第一歩となります。

EUの永住権をもっている方は別として、持っていない方がドイツに90日間以上滞在するには、まずは語学ビザで最大一年間の滞在許可の取得が得策だと思います。

ゲーテインスティテュート、Volkshochschuleなどの語学学校に三ヶ月以上通うのであれば、日本人はドイツに渡航してから語学研修生として、長期滞在ビザを申請することができます。語学学校に通ったあとにも、就職活動に必要な期間を考慮する必要があります。ですのでしっかり計画を立てて移民局でできる限り長い期間の滞在許可を申請するのが良いでしょう。たった三ヶ月だけ語学学校に通う場合であっても最大一年分の滞在許可を申請することが出来ますので、そこは安心してください。

私の場合は外国人医師のトレーニングプログラムに応募して、語学研修生として滞在許可を得て就職活動の時間を得ることができました。時間的に余裕を持つことで、就職活動にも集中できることが出来ますので、語学研修生として渡欧するのが現時点ではベストだと思います。

とはいえ、滞在許可に関するトラブルは付き物ですので、語学学校を選ぶ場合にも日本人の受け入れの実績がある語学学校に問い合わせてしっかりとしたサポートを受けられそうな機関を選ぶことをお勧めします。私の場合、日本人の受け入れの実績がなかったため、残念ながら滞在許可取得のためのサポートは十分ではありませんでしたので、トラブルもあり苦労しました。

それでも滞在許可が出れば、とりあえずは一安心。そこからドイツ語検定取得など就職に必要な手続きに集中できる環境が整います。これで就職活動の第一歩を踏み出せるのです。

少しわかりづらい説明になりましたが、滞在許可取得について軽く紹介させて頂きました。次回以降も少しづつ就職活動のプロセスを紹介していければと思います。

ではでは、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークの発展に一緒に活動できる熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、欧州での就職に興味がある方はまずは気軽にお問い合わせ下さい!!
 
posted by JMAE at 07:13| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする