欧州日本人医師会の青年会員は現在20名。チェコ、ドイツ、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア等の医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2016年09月07日

ドイツの医師の夏休み

こんにちは!ドイツの医師、Sachiです 
皆様、楽しい夏休みを過ごされましたか?

ドイツでは医師に限らずどんな職業でも、
年間28−30日位の有給休暇があるのが普通だと思います。

土・日・祝日は入れませんから、
1週間5日で数えると、約6週間
それで、どうやって仕事がまわっていくの?と思うかも知れませんね。

病院勤務ですと、一度に多くの人が休暇をとると困るので、
年末年始頃にチームが集まって、
「誰がいつ休むか」という1年間分の休暇ローテーション表を作ります。
それで、ほぼ常に誰かが休暇をとっている、チーム全員が勢揃いする事は滅多にない、
という状態で仕事をまわしていきます。
誰かが休暇から戻ってくると、別の誰かが休暇に行くという感じなので、
仕事はちゃんと引き継がれていくし、合計人数もほぼ一定です。

 クリスマスと年末年始は、チームを二つに分けて、
1週間ずつ半分が休み、残りの半分でまわす事が多いです。
患者さんも家に帰りたがるので、入院患者数も一旦減るので何とか。)

 休暇でなくても、夜間や週末などは、当直医が全ての面倒を見るので、
たとえ自分が担当している患者さんの事でも、電話がかかってくる事はまずありません。
だから、引き継ぎ慣れしているのかも知れません。

開業医院ですと、大体夏に2週間は医院を閉めます。
あとは、イースターやペンテコステの頃に1−2週間とか、
クリスマスから年末年始の頃に1−2週間とか。
これまた近くの医院同士で話し合って、緊急時の代診を頼み合っておきます。
それで、ちゃんとまわっていくんですよー!

(ま、例外はどこにでもありますが、飽くまでも私の周囲の一般論です。)

私が勤務している開業医院でも、
8月は2週間休診でした! 

IMG_7606.JPG
で、日本から母も遊びに来て、家族で
車で西隣の国(フランス、アルザス地方)へ行ったり・・・

IMG_8918.JPG
南隣の国(オーストリア、チロル地方)に行ったりしました♪ 

日本みたいに祝日は多くないし、振り替え休日もないのですが、
こういうかたちで休めるのは魅力です。




↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

  欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍していてヨーロッパで就職したい学生(臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 05:46| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする