欧州日本人医師会の青年会員は現在22名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2016年10月27日

プラハ総会、行ってきました!

皆様、こんにちは。
ドイツの医師Sachiです。
先週末は、プラハで欧州日本人医師会の総会が開催されました。

イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、スウェーデン、
日本、ハンガリー、チェコ、ルーマニア
から、
19名の会員が参加しました!

P1110666.JPG
パリの精神科医、太田先生の講演を聞いたり・・・

P1110677.JPG
ローマの内科医、中田先生の東洋医学の世界を垣間見たり。

健康相談会もお陰様で好評で、
本当に充実した週末となりました。

さて、総会終了後、残った先生方と晩御飯を食べに行ったら、
隣のテーブルの人がいきなり椅子から崩れ落ち、意識を失いました!
ベテランの先生方が駆けつけて、すぐ気道確保。
自発呼吸はある、脈もゆっくりめで正常。

その人のポケットからインスリンが出てきたので、
私が持っていた測定器で血糖値を測ってみたら・・・
P1110687.JPG
低っ
流石にブドウ糖点滴までは持ち合わせていないので、救急車待ちとなりました。

ウェイターが青い顔で「まだ生きてる?」と、おろおろ。
インスリンを指差して「これ打つ?」とか訊くので、Nooo!

ところでチェコでは、血糖値の単位が「mg/dl」ではなくて、ちゃんと「mmol/l」なのですね。
ドイツでも正式にはもう切り替えた筈なのですが、
いやいや、やっぱり慣れ親しんだ単位が根強く残っていて・・・ハズカシイ
帰宅してから慌てて換算表をプリントアウトしてケースに入れました!

(因みに「32mg/dl」は「1.8mmol/l」です。
およその計算は「18で割る」と覚えておくといいそうです。)


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

  欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍していてヨーロッパで就職したい学生(臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 05:01| 欧州日本人医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする