欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2017年10月15日

海外の予防接種事情

皆さんが最後に予防接種を受けたのはいつですか?

大人になるとインフルエンザの予防接種を年に一度受けるといった感じですよね。

予防接種の記録は日本だと母子手帳に記録してお母さんが保管しているから、昔の記録は手元にないという人も多いのではないでしょうか。

国によって義務づけられている予防接種は違うので、私はアメリカに留学する時に追加でいくつか受けました。

ドイツでは予防接種パスポート ”Imfpausweis” というものを皆さん持っています。
3AE1DCC2-C40C-4840-B520-39A95B338000.jpeg
WHOが発行しているもので、感染症の多い国や地域では提示を求められたりするそうです。

私も今月職場でインフルエンザの予防接種があるので、この期に全ての記録をこのパスポートに移しました。

予防接種事情は年々変化していますが、皆さん今年もインフルエンザの予防接種はお忘れなく!

以上、スマホからのブログ更新は初めて😅のトヨダでした。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!

posted by JMAE at 21:07| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする