欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2018年11月19日

心エコー習得まで

ミュンヘン在住、腎臓リウマチ内科勤務のRenzoです。

先月ミュンヘンで4日間心臓エコーコースに参加してきました。
皆さんはなぜ腎臓内科なのに心エコー?と思われるかもしれませんが、実は透析シャント設置前の評価や急性腎不全の鑑別のために重要なんです。

コースにはドイツ各地から医師25名が参加しました。
参加者のおよそ80%が循環器内科を目指してる人で、その他は僕みたいな腎臓内科や麻酔科などの医師です。
ドイツ全土から集まった医師の方々と交流できた事もとても有意義でした。

4日間のプログラムで、毎日午前中は解剖学やエコーの仕組みについてのレクチャーを受け、午後にはその日教わった事をエコーで実践します。
学んだ事をその場で練習できたので、理解が深まった気がしましたが、実際の患者さんは様々な疾患を持っていたり体付きも異なるので、まだまだ経験を積む必要があると思いました。

専門外の分野も勉強することは診療の幅も広がるので、患者さんにより良い医療を提供するためにとても重要なことだと感じました。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!


posted by JMAE at 04:43| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする