欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2019年01月26日

汗ダラダラの冬 in ベトナム

こんにちは、ロンドン在住・・・だけどベトナムで短期海外研修中のnobuです。

この時期ロンドンはマイナスになるほど寒く、しかもなんだか空気が重たく風もビュービュー吹いているので体感気温はさらに低いです。

12月のロンドンの様子
S__50454542.JPG


一方ベトナムは、毎日30度越えで汗ダラダラ・・・これでも一応、冬とのことで現地の人は肌寒いと嘆いています。

IMG_7997 2.jpg

IMG_7992 2.jpg


ホーチミン市の人口は600万人以上!
交通網があまり整備されておらず、主な交通手段はバイクです。
昭和を想起する三輪車も結構走ってます。

IMG_8022.jpg


JICAが地下鉄つくってます
IMG_8097.jpg


病院研修のこと

今研修をしているTu Du 病院では、1日の分娩が100-200件と、日本とは桁違いです。
(日本の産院の平均分娩件数は約400件/年)

ということで、毎日色々な症例を見ることができます。
結構先進的なこともしており、ヨーロッパからの研修生もいます。

研修中には、EXIT(Ex Utero Intrapartum Treatment) procedureが行われており、メディア報道されていました。Exitは、胎児に頚部腫瘤などがあり、自発呼吸が困難な症例で、胎盤血流を維持しつつ人工呼吸器管理に移行する分娩方法です。

地元のニュース(ベトナム語)
https://video.thanhnien.vn/thoi-su/benh-vien-tu-du-ap-dung-ky-thuat-exit-cuu-thai-nhi-di-tat-126066.html

細かなことですが、国によって手技に若干の違いがあるのも面白いです。
基本的に、医療手技のすべてのステップには理由があると思いますが、複数の国で診療する機会があると、意外と省いていいステップもあるんだなと知ることができます。

ベトナムの次はタイで研修してきます。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 
posted by nobu at 13:44| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする