欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2019年08月16日

スロバキアの医学部最終学年のカリキュラム

こんにちは。9月からスロバキアの医学部6年生になるShotaです。

先日まで夏期休暇で日本に帰省していて思ったのですが、日本はとても暑かったです。スロバキア涼しい。

来月から6年生(最終学年)になるので、そのカリキュラムについて書いていきたいと思います。
僕の大学では主に4つの教科のState Exam(国家試験)とDiploma Thesis (卒業論文)で卒業できます。
  
State Examの科目は
内科・外科・小児科・産婦人科の4つです。
5年生の終わりに10個あるグループの代表がそれぞれくじを引いて、どこの科をどの順番で回るか決めます。
僕のグループは産婦人科→小児科→内科→外科でした。

それぞれの科で実習を行い、その後一定の試験対策期間があり、最後に口頭試問、そしてまた次の科の実習という形です。
口頭試問では、5人の教授が横並びに机に座っていてくじ引きで引いた3つの問題について説明し、質問されるのでそれに答えます。
僕はこれから受けるのでまだ想像できませんが、5人の教授の前で話すなんて、どんなに緊張することか(^◇^;)ちなみにいつもの口頭試問の試験監督は1人か2人です。
ちなみに自習は、国立病院であれば世界各国どこでもできます。各々、病院に申請して自習する形になります。
自国でする生徒もいますし、卒業後自分の行きたい国でする生徒、スロバキアでする生徒など様々です。

また卒業論文は、9月末までに書き終え、10月中旬に発表となっています。
卒業論文のタイトルは4年生の時に、タイトルのリストがあるのでそこから選ぶか、自分のやりたいものをその科の教授にお願いして監督になって貰うかです。
全部で50ページ以上書かなければいけないのと、科によっては臨床データが必須となっているので大変です。
ここ最近は卒業論文を書く毎日です。

卒業の時期は、全科目一発で合格できると6月なのですが、科目を落としてしまうと9月卒業になります。6月に卒業できるよう頑張ります!


来月から卒業までずっと忙しいと思うので、今のうちにドイツ語を集中的に頑張っておきたいと思います!



以上、Shotaでした。



↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 
posted by Shota at 16:53| スロバキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする