欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2020年02月29日

メルマガ第6回 スロバキアの医学部の魅力

ei2.png

2年前のメルマガ第6回 スロバキアの医学部の魅力【2018年2月27日発行 Vol.36】

欧州日本人医師会青年部から、こんにちは!東欧の国、スロバキアのコメニウス大学医学部3年次の、Yukiです。日本では余寒もなお厳しいなか日ざしが明るくなり始め、梅のつぼみが膨らみ始めた頃でしょうか。スロバキアは0度を超える日がまだまだ少なく、雪が静かに降る長い夜が続いています。

さて、今回は日本の皆さんにはあまり馴染みがないスロバキアの医学部で学ぶ魅力についてお話ししたいと思います。コメニウス大学はスロバキアの南西部、ドナウ河沿いに位置する首都ブラチスラバにあります。ブラチスラバは、中欧・東欧の国々へのアクセスが良いため、休暇にはよく大学の友人と日帰りでEU国内を旅行します。ブラチスラバの街並みは、つい最近まで共産圏の国であった事から、旧市街の外の住宅地には、同じ建物が綺麗に整列しているのが特徴的です。スロバキアのもう一つの魅力としてあげられるのは、スロバキアとハンガリーの国境沿いに広がる、カルスト山脈の美しい洞窟群です。なかでも、ドプシンスカ氷洞窟は、元オリンピックフィギュアスケート選手の浅田真央さんが訪れ、洞窟内の天然の氷の上を滑る姿が日本のテレビ番組で紹介されました。

大学のお話をします。コメニウス大学の授業は、少人数制です。1グループ10人ほどに分かれて、1〜3グループずつで授業が行われます。同じグループの同僚生徒とは、6年間公私ともに行動する事が多いため、家族であり戦友のような間柄です。医学部のカリキュラムは、最初の3年間は基礎の座学を中心に学理的な修学をし、4年目から本格的に大学病院での実践的な勉強をしていきます。

現在私は3年生なのですが、病院での問診や、病理学の解剖授業などが始まり、様々な形で患者さんと触れ合う機会が増えました。決して楽な道のりではありませんが、これからも学友たちと共に、切磋琢磨していきたいと思います!東欧にいらっしゃる際は、ぜひスロバキアにお立ち寄りくださいね。お読みいただきありがとうございました。


6-1.png
スロバキアのトルバナ地方を走る列車の車窓


6-2.png
ブラチスラバの大広場


6-3.png
同じグループの学友たちと


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 


欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 05:46| スロバキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする