欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2020年03月28日

メルマガ第8回 ヨーロッパで外科医になる

ei2.png

2年前のメルマガ第8回 ヨーロッパで外科医になる【2018年3月27日発行 Vol.40】

欧州日本人医師会青年部から、こんにちは!スロバキアで医学生をしている外科医志望のShotaです。今回はスロバキアでの外科実習・ワークショップについてご紹介したいと思います。

第3回でKimikoさんからもご紹介があったように、日本とヨーロッパの実習の違いの一つは学生が取り組める手技の範囲だと思います。スロバキアでは、静脈・動脈からの採血、中心静脈へのカテーテル留置術、皮膚の縫合、筋膜の結紮、腹腔鏡手術時のカメラ持ち、摘出する臓器側の血管結紮、気管支挿管、前立ちなどを学生にさせてくれます。 また、教授に個人的にお願いすれば、週に1・2回、授業のない日に第2・第3助手として手術に参加できます。先生によっては第1助手にしてくれることも!申請すればいつでも学生用の腹腔鏡の練習キット、シミュレーション実習なども利用できます。

次にスロバキアでのワークショップについてご紹介したいと思います。ワークショップ等はボードに紙を貼って募集するといった形よりも、教授が授業中に口頭で参加者を募る場合が多いです!内容は基本的に学生向けですが、後期研修医・専門医向けのものに学生が参加できることもあります。僕が昨年の10月に参加したMicrovascular workshopは専門医過程の先生向けのもので、学生の僕が参加して良いものなのかと疑問に思うレベルの内容だったのですが、教授の手厚いご指導のおかげでなんとかusefulなanastomosis(吻合)を作ることができるようになりました!

スロバキアでは若い医師がヨーロッパの他の国に留学し専門医取得後に戻ってくるケースが多いため、他国の新しい技術などを医師向けに伝えるワークショップが豊富であると聞きました。そのため、若い医師が年上の医師に教えるという光景も!積極性のある生徒には実践的なことでもどんどんさせてくれるのはヨーロッパならではの良さなのかなぁと思います!



8-1i.jpg

学生用の腹腔鏡練習キットで練習しています!日々練習あるのみ!




↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 


欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 07:12| スロバキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする