欧州日本人医師会の青年会員は現在24名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2020年04月25日

メルマガ最終回 ドイツで医者になる

ei2.png

2年前のメルマガ最終回 ドイツで医者になる【2018年4月24日発行 Vol.44】

欧州日本人医師会青年部から、こんにちは!ドイツの医師Sachiです。全10回の連載、楽しんで頂けたでしょうか。最終回の今日は、私の個人的な話しをしますね。

私がドイツの医学部に入学したのは2000年。当時ドイツの医学部は外国人も学費が無料で、例えば1学年が180人のところに、5席程度の外国人枠があり、そこに数百人の応募者があったりすると聞きました。

最初の2年間は教養課程なのですが、日本の大学の教養課程とは違い、医学生のために特化された内容のみです。例えば物理学なら、レントゲンやMRI、目のレンズの仕組みなど。ラテン語や古ギリシア語も、文法は医学用語で必要な名詞の活用のみ。それでもぎちぎちで、早い日は朝7時15分から1コマ目が始まり、遅い日は夜8時まで。教養2年間で、ドイツ人学生でも半数位が振り落とされていきます。そこに外国人が太刀打ちしようというのですから、起きている時間は全て勉強するしかありません。食事中もバスの待ち時間も暗記カードを手放さず、シャワーを浴びながら暗記の復習。眠気に襲われると、立って勉強しました。

当時はまだ、現在の東欧医学部英語コースのようなものはなかったので、欧州全体でも日本人の医学留学生は少なかったと思います。スマホどころか自宅にインターネットがないのも珍しくなく、私自身、勉強に手一杯で、同じ状況の日本人医学留学生や日本人医師を探す余裕もなく、全くの未知の世界をたった一人で歩いているような心細さがありました。

今は家庭医としてこの地に根付き、欧州日本人医師会で大先輩から後輩まで幅広い交流があり、日本からも実習生を迎えたりして、楽しく充実した生活です。

そして、あの死にもの狂いの勉強に無駄はなかったと、日々感じています。皆さんも、どうぞ頑張って下さいね。


10-1.png
5年生修了時に行われる第2回国家試験の過去問題集だけで、この分量。試験は1問90秒のペースで約4時間を4日間、プラス口述試験。

10-2.png
国家試験が近づいた、ドイツ人同級生の鏡と…


10-3.png
クローゼット。
私は暗記カードを持ち歩くタイプなので、違いが面白かった。


10-4.png
卒業後、ガムシャラ新人時代を越え、産休育休を挟み、今はマイペースに働いています。
欧州日本人医師会の総会は子連れ参加歓迎で、こんな小さな時からお世話になっています。



↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 


欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 06:36| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする