欧州日本人医師会の青年会員は現在20名。チェコ、ドイツ、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア等の医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2014年07月19日

ハンガリーの卒業式

皆さん、はじめまして。
ハンガリーでの医学生生活を終えたyasuです。
ワールドカップもドイツの優勝で終わり、そろそろ寝不足な日々から解放されたところでしょうか?
今回はハンガリーでの卒業式についてお伝えしようと思います。

ハンガリーでは、State board exam、日本でいう医師国家試験が年に3回(6月、8月、11月)あります。その試験に合格すると約3週間後から1ヵ月後に卒業式を迎えられるということになります。
映画などで観たことがあると思いますが、ハンガリーでも同様、卒業式にはガウンを着て角帽子をかぶって出席します。日本では、卒業の時期になると華やかな振袖姿や、袴姿の卒業生を身近に見かけることがあると思いますが、こちらではガウンに隠れてしまうからでしょうか?みんな、派手さは無く落ち着いた色のワンピースやスーツ姿での参加でした。
ハンガリーでは5年次が終了する5月にSchool leaving ceremonyという卒業式ではないけれど、卒業式に似たようなセレモニーがあります。これは、5年生で全ての座学が終了し、その後、学生はそれぞれの場所で病院研修が始まるため、これまでのようにグループで集まって学習するということが無くなり、また卒業も同じ時期ではないということから、プレ卒業式のようなものを行っているようです。これこそ、みんな華やかに着飾って各科のお世話になった先生のところへ行き、御礼の言葉を述べて回ります。こちらの式、プレとは言いますが、意外にも卒業式よりも盛大なように思います。

さて、そのような落ち着いた第一印象の卒業式ですが、ハンガリー語と英語の2ヶ国語で行われます。卒業する学生は名前を呼ばれると壇上に上がり医学部、歯学部、薬学部の学長と握手をし学位を受け取ります。(決まった順番があるので、結構緊張します!)その後、正面を向き角帽についている房を左から右側に移動します。正確な意味は分かりませんが、学生から医師になったという証明らしいです。卒業生にとって、この一時がメインイベントになるわけです。家族がスタンディングオベーションをしていたり、声援を送ったり、そして卒業生の満面の笑み。素敵な一瞬を見ることができます。そして、最後はみんなでいっせいに角帽を投げます。不思議ですが、これをするとなんとなく達成感と解放感を感じることができますね。

日本の厳粛な卒業式もキリッと身が引き締まっていいと思いますが、こういった喜びを家族、親族で分かち合えるような式も、いいものですね。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 
posted by JMAE at 17:35| ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする