欧州日本人医師会の青年会員は現在22名。ヨーロッパの医大生や卒業生が、各国の医療・大学・就職情報などを交換したり、サポートし合ったり。

2015年04月29日

マルタ島の循環器内科より

マルタ島で循環器内科にいるKenです。今日は初めてということもあってマルタ島での循環器内科について紹介したいと思います。

まずマルタについてですが、人口約40万人の小さな島です。かといって僻地かというとそうでもなくて、WHOの医療ランキングでは上位に入る程医療的にはシステムの整った国でもあります。近年ではmedical tourismにも力を入れ始めており、観光地というのと並行して国の違う一面を見せ始めております。
僕が何故マルタに住み始めたかとか何故循環器なのというのは今は置いておくとして今回は循環器内科がどうなっているのか出来る範囲で紹介したいと思います。 皆さんが想像される循環器医というのは例えばドラマの医龍などで紹介されている循環器外科のことだと思います。 でも実際は外科にかかるよりも多くの患者さんに僕たち内科医は係わっています。 もし患者さんが胸の痛み、動悸などを訴えた場合、初めにみるのが救急医を除いて循環器内科になります。 そこで僕たちはどの患者さんが心臓に問題があるかを判別して様々な検査をしていくことになります。そして最終的に外科的治療が必要と判断した場合、初めて外科にみていただくという流れになります。もちろんこれはマルタの場合で他の国では違ってくるかもしれません。

ここで僕の仕事について紹介します。
循環器内科といっても、様々な分野に別れていて最近ではそれぞれの専門に別れていく風潮にあります。カテーテルに特化した先生、心臓の電気的リズムの問題に特化した先生、循環器疾患の予防に特化した先生など一般に循環器内科といっても様々です。 僕はと言いますと、まだ専門医ではありませんので確かではありませんが、一般に検査中心のnon-invasiveと言われる分野を中心にやっています。 この分野の進歩はテクノロジーの進化によって最近物凄く、毎年の学会の度に新しい物がでてきます。その分、やり甲斐はあります。この分野が何故大事かというと、僕たちがやる検査によって大体治療方針が決まるからです。勿論例外はあります。 そういうことにやり甲斐を感じています。
僕の日常は病棟にいる患者さんを診ることから始まります。外来の患者さんを診て、その後心エコーなり心臓血管CT、更には心臓MRIなど検査項目は多岐にわたります。大変ですが、患者さんと直に関わることが多いです。
欧州でご活躍の医学生の皆さん、もし興味があれば是非マルタを訪れてくださいね。

P1100208.JPG
↑mater dei hospital


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています!お問い合わせは事務局まで。
posted by JMAE at 05:36| マルタ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

極寒?!

皆様こんにちは!
マルタ島より医師のminです。お久しぶりです!

冬に緑が枯れてしまうドイツとは正反対で、マルタの冬は恵みの雨季。
乾ききった夏の間に枯れてしまった木々や草花が息を吹き返す季節です。

20140502_193114-15869.jpg
郊外のビンヤードも緑が蘇りました。


image.jpg
こちらはゴゾ島から。対岸に見えるのがマルタです。


実はこの冬は、マルタ史上に残る厳しい冬となりました。
大晦日にはなんと24年降りに雪も降りました!
といっても、限られた地域に10数分間雪が散らついただけ。
それでも、わざわざ冬の北ヨーロッパまで雪を見に行くマルタの人達にとっては、大興奮の年越しでした。

冬といっても、お日様が昇ると気温も20度近くまであがるマルタ。
地中海リゾートは冬でも健在です。

image.jpg



↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 
posted by JMAE at 21:44| マルタ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

マルタの写真いろいろ

こんにちは。ドイツの医師Sachiです。
ドイツにはポッキーが「MIKADO」という名で売られています♪

さて、愛之助さんに続きまして、マルタの写真を少々。
と言いましても、愛之助さんが書いている通り、
ほぼずーっと会議室に缶詰めだったので、観光写真はありませーん。

P1100190.JPG
カラフルなマルタ航空。騎士団の変形十字です。

P1100195.JPG
ミュンヘンからマルタは2時間弱だったのですが、
機内食(軽食)が出てびっくりしました。
紫っぽく着色されたハム(隣りに色移りしていた・・・)がカルチャーショック。
こんな短い飛行なのにアルコールもあって、
傍に座っていた人達は、最初から最後まで飲み続けていましたよ。

P1100207.JPG
スウェーデンでは初雪だったそうで、ドイツもかなり寒かったのですが、
マルタに着いたら丁度台風のような感じで「熱風」が吹いていて、27度。
なつめやしやオレンジが実り、サボテンが自生していて、南国〜という感じ。

P1100209.JPG
こんなバスに乗りました。フィリピンを思い出しました。

P1100208.JPG
これがマルタ国立病院です。かなり隅々まで見学させて頂きました!
足が棒になりそうな大病院でした。
因みにマルタは肥満世界第2位だそうで、確かに肥満度は高かったです。

P1100198.JPG
救急車もカラフルです。

P1100202.JPG
病院内に貼ってあったポスター。こんなにいるんですねえ。

P1100206.JPG
こんな感じでアイドルのブロマイドのように至る所に貼ってあります。
びっくりしたのはERを茶色いマント姿の修道士さんが歩き回っていた事。
修道士さんも24時間オンコールで、
医師が蘇生している横でお祈りしていたりするんだそうです。

マルタ、今度は観光で是非行ってみたいです!



↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 


 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 07:51| マルタ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

マルタ島のこと

こんにちは。またまたドイツの医師Sachiです。
来週末にはマルタ島で当欧州日本人医師会の総会が開催されます。
日本人医師や医学生が全欧州から集まり、
話し合いや情報交換がされる年に一度の貴重な機会で、とても楽しみです。
私もドイツでの医師就職状況についてささやかなプレゼンテーションをする予定です。

閑話休題。
マルタ島はシチリア島の南にある246平方キロの小さな島。
北のシチリアへは81km、北西のチュニジアへは285kmという近さ。
公用語は英語とマルタ語です。

マルタと言えば、マルタ騎士団。
折角マルタ島へ行くので、少し歴史について予習していました。
わかった事は、
マルタ騎士団の元は聖ヨハネ騎士団
ロードス島を根拠地にしていた聖ヨハネ騎士団が1522年オスマン・トルコのスレイマン1世によって敗られ、根拠地をマルタ島に移してからマルタ騎士団と呼ばれるようになったそうです。
世は大航海時代マゼラン一行が世界周航から帰着したのが1522年で、
その27年後ザビエルが日本へやって来ます。

さて、その聖ヨハネ騎士団ですが、
塩野七生の「ロードス島攻防記」によると、
9世紀の中頃、アマルフィの裕福な商人マウロが、エルサレムを訪れる西欧からの聖地巡礼者のために、病院も兼ねた宿泊所をたてたのが始まりだそうで、
八つの尖角をもつ変形十字は、もとはアマルフィの紋章だったそうです。
それが1099年第一次十字軍によるエルサレム征服の時からエルサレムの街の中心に進出し、
4年後に法王パスクワーレ2世から、宗教と軍事と病人治療に奉仕する宗教団体として認可され、
「聖ヨハネ病院騎士団」と称されるようになります。
1130年に、法王インノチェンツォ2世から、赤字に白の十字架の軍旗を与えられ、
それまでの変形十字の紋章を非軍事用にしたとの事です。

ふむふむと読み、ネットでドイツ語でも調べていて、ふと気付きました。
え?聖ヨハネ修道会はJohanniter?この変形十字はもしや・・・?


Logo_johanniter_orden.jpg

はい、これです。
ドイツで現在も赤十字のような感じで、救急などの医療活動を行っている団体です。
私も教養部時代にこの団体の蘇生・応急処置コースを受けました。


malteser_1.jpg

Malteser(マルタ修道会)という団体もあります。

ヨーロッパに来ると、世界史の中で学んだ事が現代社会の生活にとけ込んでいる事によく驚かされますが、
そんな昔の騎士団(以前)の起源のものが、今も活動しているとは思いもよらず、
実は先述の「ロードス島攻防記」のエピローグでもその事に触れられているのですが、
全く気付いていませんでした。

因みに「ロードス島攻防記」のエピローグでは、
ロードス島を追い出された騎士団が1530年にマルタ島に移住し、
湾に向かって突き出ている八つの半島全てを要塞化し、
1565年に攻めて来たトルコをラ・ヴァレッテ率いる騎士団が雪辱で敗り、
後にそこがが首都となり、彼の名から「ヴァレッタ」と呼ばれるようになる件も書かれています。

他にも、ネット検索してみたら、
マルタ島にはユネスコ世界遺産にもなっている巨石神殿群があるとか、
(マルタの神殿群はピラミッドよりも古く、紀元前3800−2500年位らしい。ストーンヘンジは紀元前2500−2000年位。)
「青の洞門」と呼ばれる美しい洞窟があるとか、
西暦60年頃、聖パウロが政治的反逆者としてローマへ連行される途上で船が難破してマルタ島に上陸し布教したとか、
70万匹に及ぶ人口の倍もの猫が生息し、競争に負けないため前足を使って餌を口に運ぶ特徴があるとか、
国内総生産に対する教育費がヨーロッパ内でトップクラスであるとか、
でも識字率は92.8%でヨーロッパの中では低いとか、
国連によると地上で最も水の少ない国であるとか、
ごみ焼却施設はなく、環境破壊や大気汚染も深刻な問題であるとか、
世界で5番目に人口密度が高い国家であるとか、
41万の人口に1万のボート難民がおり、その大半は単に人道的理由で受け入れられているとか、
オランダの学者に「世界で一番幸せ度の高い国」に選ばれ、悪人はいないだとか、
サボテンの棘が夜になると引っ込んで実の収穫をするとか、
マルタ島がマルチーズの発祥の地であるとか、
マルタには毎日違う教会へ行っても1年分足りる位沢山の教会があるとか、
宗教的に妊娠中絶やトップレスでの遊泳は禁止されているとか、
2011年5月に国民投票で認められるまでは離婚ができなかったとか、
本当か?というものも含め、色々と興味深い記述を見つけました。

観光できる時間があるかどうか判りませんが、楽しみです!
今は雨季で、天気が崩れると強い海風のために体感温度はぐっと下がるそうですが、
さっき見た天気予報では、土・日は晴れマークで21−22度となっていました 


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ 

 欧州日本人医師会では、ヨーロッパの日本人医師ネットワークを共に発展させていきたいという熱意ある会員を募集しています。
・現在ヨーロッパの医学部に在籍している学生(3年生/臨床医学課程以上)
・ヨーロッパで働く研修医(まだ専門医になっていない医師)
の方は、青年会員として入会する事ができますので、お問い合わせお待ちしています!
posted by JMAE at 09:13| マルタ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

マルタ島での卒後研修

初めまして!
地中海に浮かぶ小さな島国マルタから、医師のminです。
ドイツのsachi先生に続き、マルタでの就職情報をご紹介します。

ヨーロッパと一言で言っても、各国によって研修制度が異なりますよね。
マルタの場合、イギリスと同じく、新卒の医師は2年間の研修を積む必要があります。
Foundation Programmeと言って、日本で言うところの初期研修ですね!

3ヵ月ごとに様々な科に配属され、2年間で最大8つの科をローテーションします。
途中、頻繁にセミナーやトレーニング、アセスメント等があり、ランキングがつけられます。
このランキング、専門医研修をマルタで続ける場合、大きな判断基準となりますので、要注意です!
ちなみに配属先の希望や指導医の選択も、ランキング順で決まります。


マルタのFoundation Programmeの募集要項は、
1 EUの医学部卒業資格を持っていること
2 英語に堪能であること
他にも細かい規定はありますが、大まかにはこの2つです。

募集人員は100名。
そのうち70名前後はマルタ大学の卒業生です。

年度始めは7月ですので、前年の8月に応募がかかり、9月に書類締め切り、11月から12月にかけて面接があります。
面接では簡単なケーススタディが数題用意されています。
医学部最終試験の、口頭試問をイメージすると良いでしょう。
採用されると、7月から晴れて研修医生活がスタートします。

詳しくは、Malta Foundation Programmeまで。
http://fpmalta.com/


専門医研修を希望する場合や、既に医師として経験を積んでいる場合は、採用基準が異なりますので、また別の機会にお話します。


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 
posted by JMAE at 03:26| マルタ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする